ランカクリエイティブパートナーズの公式サイトです。起業家・作家・クリエイターのエージェント及びプロデュースを行っています。

【10月30日発売】秋元雄史さん新刊発売のご案内

このたび、東京藝大 教授 秋元雄史さんの
新刊『アート思考』(プレジデント社)が、10月30日に全国書店で発売されます。

詳しくは、こちらの当社の作品ポートフォリオサイトをご覧ください。

アート思考 ビジネスと芸術で人々の幸福を高める方法(著者 秋元雄史さん)

これまでビジネスの世界では、ロジカルシンキング(論理的思考)、
クリティカルシンキング(批判的思考)が最重要視されてきました。
また、現存の課題を解決するためのデザイン思考も脚光を浴びています。
ただし今の時代は、「VUCA」(Volatility(変動性・不安定さ)、
Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、
Ambiguity(曖昧性・不明確さ))の時代に突入したと言われています。
これまでのやり方が通用せず、今までの思考法に限界もある時代には、
既存の仕組みに囚われないアーティストのように思考し行動することが
重要になります。いかにアーティストのような思考を得ることができるかを
追求すべく企画されたのが同書です。

書き手は、香川県の直島アートプロジェクト、
金沢市の金沢21世紀美術館等を成功に導き、
現在は東京藝術大学大学美術館館長・教授、
練馬美術館館長として活動する秋元雄史氏で、
アートとビジネスの関係性を知り尽くしたプロです。

秋元氏は、「現代アート」の鑑賞を通して「アート思考」は
訓練できるといいますが、21世紀を切り開いていくのは、
間違いなく現代アーティストが持つ「アート思考」なのです。
また、草間彌生、ジェフ・クーンズ、ジェームズ・タレルなど、
現代アートを読み解く上で必須の著者を俎上に載せて、参加者の方々と
一緒にアートとビジネスの交差点から生まれる新しい価値を提示します。

付録「注目すべき現代アーティストたち」を含め、
ビジネスパーソンが教養として知るべきアートの最前線がわかる1冊です。

アートは「最先端の思考」と「感性の技術」である
○シリコンバレーのCEOたちが実践
○イノベーティブな発想を生む「問い」の立て方がわかる
○直感、感性はトレーニングで高めることができる
○社会をサバイブする知性を獲得する方法

出版社からのコメント

昨年発売され現在7刷りとなっている
『センスメイキング』(クリスチャン・マスビアウ著)
が好きな方は是非、ご高覧頂けると幸いです。
アートとテクノロジー、資本主義、イノベーションとの
関係などがわかります。

はじめに
第1章 すべては「問い」から始まる
第2章 アートとビジネスの交差点
第3章 イノベーションを実現する発想法
第4章 アートと資本主義
第5章 現代アート鑑賞法
付録 注目すべき現代アーティストたち

著者について

秋元雄史
1955年東京生まれ。東京藝術大学大学美術館長・
教授、および練馬区立美術館館長。東京藝術大学
美術学部絵画科卒業後、作家兼アートライターとして
活動。1991年に福武書店(現ベネッセコーポレーショ
ン)に入社、国吉康雄美術館の主任研究員を兼務し
ながら、のちに「ベネッセアートサイト直島」として知ら
れるアートプロジェクトの主担当となる。2001年、草間
彌生《南瓜》を生んだ「Out of Bounds」展を企画・
運営したほか、アーティストが古民家をまるごと作品化
する「家プロジェクト」をコーディネート。2002年頃から
はモネ《睡蓮》の購入をきっかけに「地中美術館」を
構想し、ディレクションに携わる。開館時の 2004年よ
り地中美術館館長/公益財団法人直島福武美術
館財団常務理事に就任、ベネッセアートサイト直島・
アーティスティックディレクターも兼務する。それまで年
間3万人弱だったベネッセアートサイト直島の来場者
数が2005年には12万人を突破し、初の単年度黒字
化を達成。2006年に財団を退職。2007年、金沢21
世紀美術館館長に就任。国内の美術館としては最
多となる年間255万人が来場する現代美術館に育
て上げる。10年間務めたのち退職し、現職。著書に
『武器になる知的教養西洋美術鑑賞』『一目置かれ
る知的教養日本美術鑑賞』(ともに大和書房)、『直
島誕生』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『おどろき
の金沢』(講談社+a 新書)、『日本列島「現代アート
」を旅する』(小学館新書)等がある。

フランクフルト国際ブックフェア2019に参加します(海外版権)

本年2019年10月16日〜20日に、
ドイツのフランクフルト市で開催のフランクフルト国際ブックフェアに、昨年に引き続き、当社も参加いたします。

昨年に引き続き、お取り扱いの欧米の出版社の数が増えてくるに伴うことで、最新作の情報及び各社の作品翻訳権の取り扱いを促す目的での参加となります。

フランクフルト国際ブックフェアでのブッキングなどのお気軽にお問い合わせください。

当社の作家エージェントおよび著作権マネジメントに関する情報をこちらの当社ページをご覧ください。

【独占翻訳権】ハーバードビジネススクールなどで研究「サンシャイン・メンタリティ理論」提唱者でミリオンセラー作家の日本での独占翻訳権ご案内

サービス概要

この度、当社ではハーバードビジネススクールなどで研究された
「サンシャイン・メンタリティ理論」提唱者のWu Weiku氏の作品「Sunshine Mentality」シリーズを
独占版権として管理することになりました。

中国にて、100万部以上を誇るシリーズ作品となっており、
作品「Sunshine Mentality」単体で80万部を超えています。

中国のオンライン販売サイト「DangDang」にて本作品の概要をご覧いただけます。

http://product.dangdang.com/26483551.html

 

本作品の版権にご興味ある出版社は、当社へお問い合わせをお願いします。

今後、当社では欧米・アジアの作家の独占版権を獲得しつつも幅広い作品のご案内も行っていく次第です。
なお、当社はこちらの欧米出版社の代理店としても活動してます。

 

当社のお問い合わせページ↓
http://lanka-creative-partners.co.jp/contact/

 

〜お知らせ〜

☆独占翻訳権:ドイツの心理学博士でミリオンセラー作家の作品シリーズご案内

http://bit.ly/2VupJSX

東京版権説明会2019(Tokyo Rights Meeting)に参加します(海外版権)

本年2019年の10月31日、11月1日に東京・竹橋で開催される東京版権説明会2019(Tokyo Rights Meeting)に
当社もエージェントとして参加いたします。

主に、日本国内の出版社の発刊作品の海外翻訳の取引促進を目的に、著作権販売の商談を行います。
ミィーティングのコーディネイトなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

当社の作家エージェントおよび著作権マネジメントに関する情報をこちらの当社ページをご覧ください。

 

なお、東京版権説明会とは異なりますが、当社の主催で、国内外の編集者の交流会を企画しています。
国内外の卓越したベストセラー編集者との交流をすることで、国際的な書籍企画が生まれるきっかけになればと思い、
当社主催で企画しました。

現在、Tokyo Rights Meetingに参加にあたり来日する中国、韓国、台湾、タイなどの編集者が参加予定です。
ご興味ある方は、当社までご連絡ください。

出版社の編集者限定のイベントになります。

==============================================
なお、東京版権説明会2019(Tokyo Rights Meeting)の概要は下記の通りになります。

 

■組織    : 主催    東京版権説明会事務局

             協賛    株式会社メディアドゥ

                            株式会社 毎日新聞社

■日時    :            2019年10月31日(木) 10:00~17:00      各日本出版社との商談

                            2019年11月1日(金)   10:00~17:00     各日本出版社との商談

                                                            18:00~20:00      懇親パーティー

■場所    : 会場NO.1

                            株式会社メディアドゥ 大ホール

                             東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 5F

               会場NO.2

                            毎日ホール

                            東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 地下1F

              ≪アクセス≫

              東京メトロ東西線 竹橋駅 竹橋方面出口(1b)直結

              http://www.mai-b.co.jp/access.html

        *2つの会場は同じビル内にございます。

■出展社 :現在の出展予定社57

                            パイ インターナショナル、ライツ社 2社が新規に参加。

                            あさ出版、飛鳥新社、文藝春秋、文響社、ビジネス教育出版社

筑摩書房、中央公論新社、大和書房、ダイヤモンド社

ディスカヴァー・トゥエンティワン、イングリッシュ エージェンシー ジャパン

フォレスト出版、扶桑社、双葉社、学研プラス、インプレスグループ

日本ユニ・エージェンシー、じほうグループ(株式会社じほう・ソシム株式会社)

実業之日本社、日本能率協会マネジメントセンター、かんき出版

笠倉出版社、河出書房新社、光文社、小峰書店、毎日新聞出版

メイツ出版、メディアドゥ、マイナビ出版、NHK出版、日本文芸社

日経BP社、日本経済新聞出版社、日本実業出版社

日東書院本社、旺文社、PHP研究所、プレジデント社

三交社、SBクリエイティブ、西東社、祥伝社、翔泳社

主婦の友社、主婦と生活社、すばる舎、サンマーク出版

TAC出版、宝島社、トーハン、徳間書店、東京書籍

東洋経済新報社、タトル・モリ エイジェンシー、有斐閣

■お申し込み           *出展社とのミーティングはエージェントを通じて直接各社にお申込みください。

*アポイントがなくても出展社の書籍を自由に閲覧していただくことができます。

作家 陳舜臣の作品翻訳権ご案内(海外版権)

サービス概要

この度、当社で推理小説家、時代小説家として
名高い作家 陳舜臣氏の一部の作品翻訳権を取り扱うことになりました。

当社は、作家エージェントとして作家の作品管理も含め、
日本国内および国外における作家の作品価値向上に努めていく一環として、
特別なご縁により、陳舜臣氏の作品をご案内することになりました。

ご興味ある日本の出版社は、当社の問い合わせフォームよりご連絡お願いいたします。

当社問い合わせフォーム

北京国際ブックフェア2019に参加します(海外版権)

本年2019年8月21日〜25日に、
中国北京市で開催の北京国際ブックフェアに、昨年に引き続き、当社も参加いたします。

主に、日本国内の出版社の発刊作品の海外翻訳の取引促進を目的に、著作権販売の商談を行います。
日本の出版社で、中国の出版社とのミィーティングのコーディネイトなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

当社の作家エージェントおよび著作権マネジメントに関する情報をこちらの当社ページをご覧ください。

StoryDrive Asia 2019 参加お知らせ(中国北京)

この度、当社は、5月31日、6月1日に中国北京で開催される
フィクションのグローバルカンファレンス「StoryDrive Asia 2019」に参加いたします。

2014年から開催されている、
アジアのあらゆるメディア関係者が集うカンファレンス。
業界の垣根を超えた事業創発を目的に作られたビジネスプラットフォームで、
今回は、中国の文芸を中心とした出版関係者、欧米の編集者が集います。

異文化を超えたストーリーテリング創作・編集技術、人工知能時代における出版業界へのインパクト、
5G時代のコンテンツマーケティングなどをテーマにディスカッションが行われ、
注目のセッションが、2000万部を超えるベストセラーとなっている中国のSF小説「三体」など、
中国でベストセラーが生まれるプロセスなど担当編集者などが登場した中国の出版最前線情報。

当社は、本イベントに参加することで、
中国市場における出版環境の理解、人的ネットワーク構築などを期待してます。

【5月24日発売】野瀬大樹さん新刊発売のご案内

このたび、公認会計士 野瀬大樹さんの
新刊『お金儲けは「インド式」に学べ!』(ビジネス社)が、5月24日に全国書店で発売されます。

詳しくは、こちらの当社の作品ポートフォリオサイトをご覧ください。

お金儲けは「インド式」に学べ!(著者 野瀬大樹さん)

「明日は今日よりももっとリッチになる! 」

インドでいち早く独立開業した会計士・税理士=お金のプロが、
現地でガチで学んだ
スピード、交渉力、バイタリティがハンパない、
🐘🐘🐘インド人流「稼ぎ方」「働き方」の成功法則! ! 🐘🐘🐘

グーグル、マイクロソフト、ペプシコなどなど、
なぜ今、インド人CEOが次々と誕生しているか?
大富豪からビジネスパーソン、そしてストリートで必死で生き抜く人々まで、
日々の出会いから本気で学びとった、
これからの日本人に本当に必要な
「お金」と「働き方」の新しいモデルを徹底解説!

5分間の説明で「とりあえず買っとくか」と
ホテルを買収した大富豪のマインドから、
5年で給料が5倍になった
クセの強すぎる従業員の〝神〟交渉術まで、
面白いのにとてつもなく実用的なコツ満載! !

「ボス、給料を1.5倍にしてください」
「理由もないのに、できるわけないだろ」
「わかりました、会社辞めます\(^▽^)╱」
\これでいいんです! ╱

大富豪も普通の会社員も
インド人ならみんな知ってる
非常識だけど極めて正しい
自分を最高値で売る流儀
を知り、
「会社の言いなり人生」にいますぐサヨナラ、
「自分の行きたい道を行く人生」にいますぐナマステしよう!

🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘
おそらく日本人の目から見るとトンデモなく〝非常識〟なインド人のやり方で、
なぜ、みんなハッピーに生きていけるのか。
そして、仕事を通じてお金をガツガツ儲けられるのか。
きっとヒントが得られると思うし、そうなれば私としても望外の喜びだ。
「怖いもの見たさ」でかまわない。
ぜひとも、マスコミでは絶対に報じられない、
ナマのインド式「お金」と「働き方」の流儀を存分に味わっていただきたい。
日本人の「真面目さ」「緻密さ」に、
インド人のマインドという「スパイス」が加われば、
きっと〝世界最強のビジネスパーソン〟が完成する
はずだ―――「はじめに」より
🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘

出版社からのコメント

お金のプロを待ち受けていた、
インド人のお金と仕事に対する容赦ない考え方とは?
インドにいるからこそわかった日本、日本人の強みとは?

大金持ちからビジネスパーソン、
そしてストリートでたくましく生きる人など、
さまざまな人たちと日々接して真剣に考えた、
これからの日本人に本当に必要な
「お金」と「仕事」の新しいモデル!

The Super-hot Indian Way to Be Richer Tomorrow!

<本書の内容>
PART1
即座に、かつ猛スピードで動くインド人
なかなか動けない、決められない日本人

🐘なぜインド人富豪は
「日本企業とはビジネスをしたくない」と語ったのか?
🐘1ルピーも生み出さない
日本企業の「100点主義」とは?
🐘インドの経済成長を引っ張り続ける
「迷わずトライ」という国民的気質
🐘道路に穴ができたのなら、自分たちで埋めてしまえ!
🐘世界をリードするインドIT産業を支える「60 点主義」
🐘インドに世界中からお金と技術が集まる本当の理由
🐘完璧な文法力でも英語を話さない日本人
名詞だけで会話を乗り切るインド人
🐘インド人の「できる」と日本人の「できない」は信用するな!
🐘スキル至上主義の裏にひそむ「永遠にやらない理由探し」のループ
PART1のまとめ
インド流超激辛コラム1
5分間の説明で「とりあえず買っとくか」とホテルを買収した富豪インド人

PART2
30 年間給料が増えない日本
毎年10 %以上給料が増えるインド

🐘毎年3月の「昇給交渉」で感じる
伸びるインド、縮む日本の差
🐘「ディワリ」のお祭りで気づいた
インド流上司とのつき合い方
🐘日本中のお昼どきに必ず現れる
誰も幸せにしない「ランチのジレンマ」
🐘「いつでも転職できる」という〝逃げ道〟を周到に準備する
🐘「やりたい仕事をやらせてくれない」には原因があった!
🐘やりたいことを伝えるくらいで失うものなど何もない
🐘「会社はチームだ、仲間だ! 」はマンガチックな幻想にすぎない
🐘インド人が不思議に思う
日本流退職とリストラの“円満さ”etc.

著者について

野瀬大樹(のせ・ひろき)
公認会計士・税理士。大学卒業後、監査法人にて法定監査業務に従事。2009年に退職し独立。
その後2011年、インド・ニューデリーにコンサルティング会社を設立する。
現地では珍しい独立系会計士として、日本企業のインド進出支援、インド企業の日本進出をサポートしている。
ベストセラーとなった『20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ! 』のほか、
『家計簿が続かない人の貯金革命』(以上、クロスメディア・パブリッシング)、
『「結婚」で人生を黒字化する! 』(祥伝社)、
『自分でできる個人事業主のための青色申告と節税がわかる本』(ソーテック社)など著書多数。
twitter:@hirokinose

ページのトップへ