ランカクリエイティブパートナーズの公式サイトです。起業家・作家・クリエイターのエージェント及びプロデュースを行っています。

会社案内

行動指針我が社が目指すこと社名の由来会社概要代表 渡辺智也とは

Slogan
「当社は、起業家・クリエイターのコンテンツ価値を最大化することを目指すプロデュース会社です。」

行動指針

私たちは次の3つのポリシーをもってプロデュース支援を行っています。
1. 人が本来的にもっている能力が活かされる社会システム再構築を促す事業創出をする
2. 顧客の幸せだけでなく、自分の幸せも両立できる仕事を目指す
3. 引き受けた仕事は、楽しみながら工夫をして解決する

我が社が目指すこと

プロデユース行為を通じて、⼈が本来的にもっている能力が活かされる社会システム再構築ができる事業を支援することで、社会的課題の解決実現を⾏なっていく。さらに、利利益追求だけの事業ではなく、顧客と自⼰の幸せを共に追求した社会善の実現をするような事業支援を目指していきます。

社名の由来

当社の社会的使命を反映した言葉をもとに、社名といたしました。

社名の由来

会社概要

社名 ランカクリエイティブパートナーズ株式会社
Lanka Creative Partners co., Ltd
創業 2015年9月28日
代表取締役 渡辺智也
本社住所 〒107-0062 東京都港区南青山五丁目17番2号
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行
URL http://lanka-creative-partners.co.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/LankaCreativePartners
事業内容 ビジネスプロデュース
出版プロデュース
作家エージェント
研修企画と運営

代表 渡辺智也とは

ランカクリエイティブパートナーズ株式会社
代表取締役社長 渡辺智也

大手菓子流通メーカー販売部勤務後、独立系プロジェクトリーダーとして複数のビジネス立ち上げに関わり、企業の第⼆二創業に大きく貢献。2013年年から東京の人材育成研修会社の取締役就任に伴い創業主力事業の立ち上げを行い、業績を1年で黒字化。その功績により2014年年1月より代表取締役に就任(東京・銀座)。その後、多角的な事業展開を成し遂げ後継を育成。2015年9月にランカクリエイティブパートナーズ株式会社(本社・京都)を創設。代表取締役に就任し、現在に⾄至る。

事業企画に定評があり、事業分野・事業の垣根を問わない分野横断的なプロデユーサー的立場で関わっており、2013年年にはノーベル平和賞&グラミン銀行創始者ムハマド・ユヌス博士招聘シンポジウムの集客や企画構築により、九州大学とUBS銀行共催のシンポジウムを成功に導く。またこのときの実績を称えられ、バングラデシュ最大級の私立大学DIUよりソーシャルビジネス・インキュベーション・プログラムの名誉顧問の拝命を受け、主に、農業系ソーシャルビジネスのアドバイスを行い、バングラデシュで不定期で講演も行う。

さらに、2014年8月にはNext ASEANをスローガンに、「国の経済を向上させる事業創造」をミッションを掲げ、スリランカで合弁会社を設立。スリランカ経済に貢献できる日本のテクノロジー輸⼊入コーディネート、インド、中東、アフリカを視野にしたIT産業プロデユースを⾏行行政と⺠民間の間で行い活動している。また個人のCSR活動として開始した、低所得家庭の子供達にITプログラミング学習の機会を提供するWatanabe IT Instituteは、2015年年1月19日に開校すると供に、理事長に就任。400名近くの生徒達の育成プログラム作成と卒業後の就業支援を行い、現地のテレビや新聞でも取材を受けている。現在、40名の学生が第1コースを修了了し、Java系プログラムのプログラミング技術学習のフェーズへと進学させている。

今後も、国や文化を超えた活動を行っていく予定

ページのトップへ